アレルギー性鼻炎の原因物質

アレルギー性鼻炎の原因物質
レーザー治療専門サイト西宮市・芦屋市・尼崎市梅華会耳鼻咽喉科グループの花粉症・鼻炎のレーザー治療

5回も10回も連続で出るくしゃみ、止まらない鼻水、息苦しい鼻づまり・・・・・・、1年を通してこれらの症状に悩まされる方もいらっしゃれば、1年のある季節だけ悩まされる方もいらっしゃいます。 一方、まったくアレルギー性鼻炎とは無関係という方もいらっしゃいます。 アレルギー性鼻炎の起こるメカニズムは、どうしてアレルギー性鼻炎は起こるの?でご理解いただけたと思いますが、アレルギー性鼻炎を起こす原因となる物質にはどんなものがあり、どんな人が発症しやすいのでしょう? アレルギー性鼻炎を引き起こす具体的な物質とアレルギー性鼻炎を起こしやすい人についてお話しします。

どうしてアレルギー性鼻炎は起こるの?

アレルギー性鼻炎の原因物質は?

アレルギー性鼻炎の原因物質(アレルゲン)は、患者さんの約60%がハウスダスト、約30%が花粉、約10%がカビや化学物質などその他の物質と言われています。 ハウスダストとは、室内にあるごくごく小さなゴミのことで、ダニの糞(ふん)や死骸、犬・猫・鳥などのペットの毛や羽、ほこり――などが含まれます。

アレルギー性鼻炎の原因の1つに春先のスギ花粉があり、環境省で花粉観測システムを発表し、スギの花粉の季節ともなればテレビや新聞ではスギ花粉情報を発表するほど有名となっていますが、実は、イネ科の植物、雑草、樹木などのいずれの植物の花粉もアレルギー性鼻炎の原因となります。 イネ科の花粉として有名なものは、オオアワガエリ、カモガヤ、ホソムギ、ハルガヤ、スズメノテッポウ、オオムギ、トウモロコシ――などです。 雑草の花粉としては、ブタクサ、ヨモギ、クワモドキ、カナムグラ――などが挙げられます。 樹木の花粉では、前出のスギのほか、ヒノキ、カエデ、ブナ、ヤナギ、カシ――などが有名です。

また、ペニシリウム、クラドスポリウム、カンジダ、アルテルナリア――などのカビやそば粉、小麦粉、おがくず、キノコの胞子――などが原因となってアレルギー性鼻炎を発症している方も見受けられます。

1つの物質が原因となっているわけではない!

アレルギー性鼻炎のうち、1年のある時季だけアレルギー症状が発症するものを「季節性アレルギー性鼻炎」、1年中アレルギー症状が発症しているものを「通年性アレルギー性鼻炎」と言います。 主に季節性アレルギー性鼻炎のアレルゲンは花粉、通年性アレルギー性鼻炎のアレルゲンはハウスダストやカビなどです。 現在、日本人の約40%、つまり2.5人に1人がアレルギー性鼻炎を持つと言われています。また、日本人の約30%(3人に1人)が季節性アレルギー性鼻炎で、日本人の約25%(4人に1人)が通年性アレルギー性鼻炎とも言われていますから、お気の毒ですが、お一人で季節性と通年性のアレルギー性鼻炎両方を持っている方がいらっしゃるということになります。 そして、何の治療もしないで、アレルギー性鼻炎が自然に治ってしまう方は少なく数%と言われていますので、一度アレルギー性鼻炎を発症すると、ズーっとその症状に悩まされ続けてしまうことになるのです。

そこで、少しでも症状を楽にして、日常生活に支障を来さないために大切なのは、アレルゲンを特定することです。 自分は何に対するアレルギーで鼻炎を起こしているのかを知り、そのアレルゲンが鼻や口から体内に入るのを予防したり、あらかじめ治療を開始しておくとアレルギー性鼻炎の症状は軽減され、日常生活にほとんど影響を及しません。 耳鼻咽喉科でアレルゲンを調べる検査の1つに、血液を採取して特異的(とくいてき)IgE抗体を測定する方法がありますが、この検査では、何に対するアレルギーがあるかを知ることができるのです。 検査の項目数(調べるアレルギー抗原の数)で費用が異なりますが、受診の際の問診でおおよその原因物質の当たりをつけて複数の項目を調べます。 3割負担での保険診療の場合、約3,000円から5,000円の費用が検査にかかります。

ページトップへ戻る