どうしてアレルギー性鼻炎は起こるの?

どうしてアレルギー性鼻炎は起こるの?
レーザー治療専門サイト西宮市・芦屋市・尼崎市梅華会耳鼻咽喉科グループの花粉症・鼻炎のレーザー治療

くしゃみ」「鼻みず」「鼻づまり」・・・・・・今や国民病の1つともなっているアレルギー性鼻炎。 アレルギー性鼻炎でお悩みの患者さんの中には、ある一定の季節だけ鼻炎を発症する方もいれば、一年中症状のある方もいらっしゃいます。 アレルギー性鼻炎が起こるメカニズムを知ればその理由が分かると同時に、予防したり症状を軽減することにつながります。 ここでは、アレルギー性鼻炎が起こるメカニズムをご紹介します。

アレルギーとは

アレルギーは、ヒトの持つ免疫力、つまり異物に対する防御システムが過剰に働いて起こる病気です。 アレルギーの症状が鼻に出るアレルギー性鼻炎は、ハウスダスト、さまざまな花粉、カビ類、動物の毛やフケなどを身体にとって異物として捉え、過敏な反応をしてしまうことで起こります。 この時の原因となる物質を「アレルゲン」と呼びます。 アレルギー性鼻炎を含むアレルギー疾患は、大きく4つのタイプに分類され、それぞれⅠ型、Ⅱ型、Ⅲ型、Ⅳ型と呼ばれますが、アレルギー性鼻炎はこのうちのⅠ型に含まれます。 Ⅰ型アレルギーとは、IgEという免疫グロブリンが関与するアレルギーで、次のような3つの過程を経てアレルギー症状を発症します。

1.抗体の産生

ある物質を私たちが鼻から吸い込むと、まず、異物なら何でも取り込む細胞「マクロファージ」がその物質に取り付き、その情報を「リンパ球」に伝えます。 そして、リンパ球がその物質をアレルゲンと認識すると、その物質が次に体内に入った時には、すぐに異物と認識して攻撃を開始して排除するための目印「抗体(IgE)」を作ります。 そして抗体は、血液や粘膜内にある「マスト細胞(肥満細胞※)」にくっつきます。 このように、アレルゲンに対して抗体がつくられ、次にそのアレルゲンが侵入してきたときにすぐに対処できるように備えておくことを「感作(かんさ)」と言います。 ※肥満細胞と言いますが、身体の肥満に関係しているわけではありません。

2.抗原抗体反応

さて、再びアレルゲンである物質が私たちの体内に入ると、抗体のくっついたマスト細胞の表面上で、アレルゲンと抗体はまるで鍵と鍵穴のように結合します。 これを抗原抗体反応とよびます。

3.発症

すると、抗原抗体反応が引き金となって、炎症を引き起こす化学伝達物質であるヒスタミン、ロイコトリエンなどがマスト細胞からどんどん放出されます。 例えば、この抗原抗体反応が鼻で起こった場合は、ヒスタミンは知覚神経を刺激してくしゃみや鼻水を起こし、ロイコトリエンは鼻粘膜の血管を刺激して膨張させ鼻づまりを起こします。 これがアレルギー性鼻炎です。

発症のメカニズム

以上のメカニズムが「即時相反応」とよばれ、アレルギー性鼻炎の第一段階に起こる反応です。 即時相反応は、抗原を吸い込んでから、数分~数十分という短時間で起こります。 また、数時間から10時間たってから、もう1つの「遅発相反応」と呼ばれる反応も起こります。 遅発相反応は、活性型好酸球というアレルギーに関係する炎症細胞などが浸潤することによって、鼻粘膜におけるアレルギー性の炎症が進行することで鼻粘膜が過敏になり、さまざまな刺激に対して鼻粘膜が反応しやすくなります。 特にロイコトリエンという物質の働きで、鼻粘膜が腫れ、鼻づまりの症状がよりひどくなります。

ページトップへ戻る