FAQ よくあるご質問

FAQ よくあるご質問
レーザー治療専門サイト西宮市・芦屋市・尼崎市梅華会耳鼻咽喉科グループの花粉症・鼻炎のレーザー治療

Qアレルギー性鼻炎は、日常生活の注意で改善できますか?

A

アレルギー性鼻炎の治療の第一は、アレルゲンの回避と除去です。
つまり、うまくアレルゲンを遠ざけることができれば、アレルギー性鼻炎の症状を抑えることが可能です。
こまめに掃除をし、室内を常に清潔にすることが大切です 例えば、こまめに掃除をし、室内を常に清潔にすることが大切です。
アレルゲンであるハウスダストを除くために、畳やカーペットの部屋はこまめに掃除機がけを(市販されているハウスダスト除去スプレーなども有効です)、フローリング部分では掃除機でハウスダストを空中に舞い上げることを避け、モップや布巾で拭き取ることがおすすめです。
また、棚や壁などにできるだけ小物は置かずに整理すると、ほこりがたまりにくくなりますし、掃除もしやすくなります。

また、寝具類にはダニが通らないカバーをして、カバーやシーツの洗濯はまめに行うことも効果があります。
なお、ダニが繁殖しにくい湿度は50%、室温は20~25℃と言われています。
エアコンや加湿器・除湿機をシーズンで使い分けて、できるだけ適正温度・湿度を心がけてください。
また、体が冷えるとアレルギー性鼻炎の症状が悪化します。夏場の部屋の冷やし過ぎにも注意しましょう。


さらに、ペットを室内で飼うのも避けましょう。
最近はペットを飼う方が増えているので、ペットの毛やダニがアレルギーの原因でアレルギー性鼻炎を発症する方が増加してきているのが最近の傾向です。
ペット飼う場合はできるだけ外で飼い、ペット自体も清潔にすることが大切です。
スギ花粉症などの季節性アレルギー性鼻炎の方は、シーズン中はできるだけ外出を控え、外出する際には、マスク、帽子、メガネを着用しましょう。
そして、外出先から帰ったら、外で衣服に着いた花粉を払い、家の中に持ち込まないことも重要です。

以上は、アレルゲンの回避・除去のポイントでしたが、次に、日常生活の注意点をご紹介します。
まず、十分な睡眠を取り、適度なスポーツをしてストレスを発散させ、体調を整えることが大切です。
食事は、ビタミンやミネラルをたっぷり含む野菜を多く取り入れ、バランスのよい食事を摂るようにしましょう。
また、タバコの煙は鼻の粘膜の刺激になり、症状を悪化させる原因となります。
タバコは吸っている方も、ご家族などの周囲の方にとっても、さまざまな病気のリスクを高めます。できることなら、禁煙を!

ページトップへ戻る