抗アレルギー薬の選び方・使い方

抗アレルギー薬の選び方・使い方
レーザー治療専門サイト西宮市・芦屋市・尼崎市梅華会耳鼻咽喉科グループの花粉症・鼻炎のレーザー治療

抗アレルギー薬それぞれの特徴

アレルギー性鼻炎に用いられる抗アレルギー薬には、その働きの違いによって、
①抗ヒスタミン薬(第一世代、第二世代)、
②ケミカルメディエーター遊離抑制薬、
③抗ロイコトリエン薬、
④抗プロスタグランジンD2・トロンボキサンA2薬
――がありますが、第一世代抗ヒスタミン薬は、強い眠気といった副作用のため、現在ではアレルギー性鼻炎の治療にはあまり用いられていません。

そこで、まず、第二世代抗ヒスタミン薬の特徴をご紹介します。 第二世代抗ヒスタミン薬の特徴は、なんといっても第一世代抗ヒスタミン薬に比べて中枢抑制・抗コリン作用による副作用が少ないことが挙げられます。
具体的には、抗ヒスタミン薬の特徴である強い眠気が軽減されるともに、口渇や尿量の減少といった副作用もずっと軽減されています。 また、鼻づまりに対する効果もやや期待でき、アレルギー性鼻炎の症状を全般的に改善するので、アレルギー性鼻炎では最も多くの場合に用いられているお薬です。
抗ヒスタミン薬の効果は、現われるまで多少時間はかかりますが、効果が持続するのも特徴で、多くの場合、就寝前1回の服用で済みます。
また、連続して服用することでより効果が期待できます。

次に、②のケミカルメディエーター遊離抑制薬の特徴をご紹介します。
このお薬も、連続して使用することにより症状の改善率が上昇しますが、効果は緩やかなため効果が現われるまでに時間がかかります。 くしゃみ、鼻水だけでなく、鼻づまりにもやや効果が期待できます。
また、副作用が比較的少なく、眠気がないという特徴もあります。

③の抗ロイコトリエン薬は、鼻粘膜の容積血管拡張や血管透過性を抑制し、鼻づまりを改善するお薬です。
アレルギー性鼻炎の症状が長引き、好酸球浸潤や鼻過敏症を起こしている場合には、その症状を抑制する効果があるので、くしゃみ、鼻水に効きます。
抗ロイコトリエン薬は、1~2日間で効果が現われ、長期連用することで改善率が上昇します。

④の抗プロスタグランジンD2・トロンボキサンA2薬は、鼻粘膜血管透過性を抑制し、鼻づまりを改善するお薬です。
抗ロイコトリエン薬と同様に、好酸球浸潤や鼻過敏症を抑制する効果があり、くしゃみ、鼻水にも有効です。

このほか、症状が重症な方や気管支ぜんそくを合併している患者さんなどには、ステロイド薬を用いる場合があります。
特に、内服薬としてステロイドを使用する場合には、止める際には徐々に減薬を行うなど、用法が難しいので、必ず医師の指導に従って服用・減量し、自己判断で中止することは絶対に行わないでください。

抗アレルギー薬の副作用

アレルギー性鼻炎は、その症状や重症度が患者さん一人ひとり大きく異なります。
そこで、それぞれの患者さんに合ったお薬を処方することも大切ですが、そのお薬の副作用や他の病気で飲んでいるお薬との相互作用にも注意が必要です。
抗アレルギー薬の副作用としては、特に眠気や倦怠感が問題となります。処方されたお薬の副作用で生活に支障が出る場合は、早急に受診して頂きご相談下さい。

ページトップへ戻る